« 誰が言ったか「落日の民俗学」 | トップページ | 年商1億の「ひとり出版社」の作り方 »

2005年10月17日 (月)

人生の最先端の建築

P1000113 この土曜日に湖山医療福祉グループの湖山さんの二回目の講演がありました。ゲストは建築家の鶴巻等さん。鶴巻さんは、医療福祉施設専門の建築家で、これまで湖山グループの施設を手がけてきた方です。
 「実際に役立つケア施設」を作ってこられたそうですが、実はこれが難しい。それまでの常識や妥協と戦うことになるからです。
 一度、富士市にある湖山病院を拝見したことがあります。長期療養施設で、ご老人が多く入っているようです。
 その、予想に反した明るさ、リッチな感じにも驚きましたが、本当に驚くのは、私たち「人」の最終到達地点、というものを、目の当たりにするからではないでしょうか。
 家でもなく、白いシーツのいわゆる「病院」でもない。
生まれて、学校に行って、働き、結婚し、育てる。いわば幸せを求めるその旅路の終着駅が、老人用の施設です。
 家庭ではかかえきれない人生。何のために生きていくのか、生きてきたのか。その旅のすべてを受け止め、長寿国日本が出した一つの答、そんな感じがしました。
 このグループの人たちが厚生労働省の先を行くというのも当然といえば当然なのかもしれません。記憶に残った言葉は、湖山さんの「厚労省の決めるルール通りにしていては大変。ルールが変わって後から廊下の幅を広げたりすると、かえって莫大な金額がかかってしまう。そうではなく、最初から、老人にとって最もふさわしい「理想の施設」を作ればあわてることもない。」
 こんなことを言葉だけでなく実践してしまうのは、やはりアグレッシブ・リッチというべきでしょうか。

|

« 誰が言ったか「落日の民俗学」 | トップページ | 年商1億の「ひとり出版社」の作り方 »

コメント

今日メールが届いたので、貴君のブログ、遡って全部読みました。世の中色々な人が居て色々なことをやっているのだなぁと感じます。ブログは時々いくつかのものを読みますが、やはり知っている人が書いた物は面白いですね。これから時々訪問します。三奈子ちゃんのホームページも全部読みました。皆、兄に似て文才があるようで良いですね。これからも頑張って下さい。

投稿: 出口 實 | 2005年10月17日 (月) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123857/6439602

この記事へのトラックバック一覧です: 人生の最先端の建築:

« 誰が言ったか「落日の民俗学」 | トップページ | 年商1億の「ひとり出版社」の作り方 »