« ベターハーフ | トップページ | 「メモの達人」による超高性能外部記憶装置・メモ »

2009年2月27日 (金)

新富町階段物語

Dvc40097 東京メトロ有楽町線は、
だいぶあとからできた路線なのでしょうか、
地下のかなり深いところを走っています。
ということは、その各ホームから地上までは
鉛直方向にかなりの距離があることになります。

スピークマン書店があるのはその有楽町線の新富町駅。
地上に出る2番出口までの階段は、
エスカレーターを使って降りた所からでも74段あります。

1、2年前、反対側に地上との間を往復するエレベーターができましたから、
遠回りをすれば、機械が労力を代行してくれるわけですが、
新富町側に来る人のほとんどは、こちらの階段を使います。

現在スピークマンが入っているビルは5階建て。
その階段を数えてみると全部で60段です。

5階まで上がるには、5-1=4階差分の段数を昇りますから、
1階上がるのに60段÷4=15で15段です。
つまりビル1階分に相当するのが15段。

だから、新富町駅の74段の階段を昇るということは
74÷15(1階分の段数)≒5で
ビルの6階まで歩いて昇るのと同じだということになります。

うつ病の人を励ましてはいけない、とも言いますが、
階段を昇るところにもし
「この階段はビルの6階分あります。頑張りましょう」
と書いてあったら、健康な人でも足が動かなくなるかもしれません。

逆に数年前、階段の途中で休んでいた叔父のように
これではいかんとスポーツジムに通うようになって、
問題なく昇れるようになる人が出てくる可能性も。

銀座から昭和通りを渡って地上を歩いてくるときも、
銀座二丁目東側や新富町に来るところだけ
歩道橋を渡ることになりますから、
あらためて健康にいい町として売り出すこともできるでしょう。

<このブログは、10万円代の自費出版本、3万円代での絶版本の復刊、在庫本のリンク、一般商品の「販売」を行うハイブリッド書店スピークマンがおおくりしています>

「東京人」4月号(2007年)
月刊誌■月刊誌★特集「東京は坂の町」七つの丘の坂道を歩く/タモリの東京坂道ベスト12■対談「陣内秀信×西河哲也」
スピークマン書店 1冊から作るインターネット書店&出版社
10万円代で自費出版、3万円代で絶版本を復刊、流通・在庫本の「販売」
・価格はモノクロ200頁の単行本のデータ製作例、写真は製本例
・購入希望がある度にデータから1冊ずつ製本オンデマンド出版
・ご希望の冊数を1200円(著者割引価格)×冊数で製本・配送
・もちろんカラー本も製作(カラー本は数十冊単位がお徳です)
・自分の本を販売する個人書店型ホームページ月々1200円あり
主人公の性別や年代、出身地、国籍等で自分の本を探せます。
104-0041東京都中央区新富2-2-5新富二丁目ビル5階
スピークマン書店はこちらです TEL 050-3418-9011

|

« ベターハーフ | トップページ | 「メモの達人」による超高性能外部記憶装置・メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123857/44191095

この記事へのトラックバック一覧です: 新富町階段物語:

« ベターハーフ | トップページ | 「メモの達人」による超高性能外部記憶装置・メモ »